私が好きな押し目のタイプについて

私が好きな押し目のタイプについて

私が好きな押し目のタイプについて

 

夢中になって相場を見ていたら知らない間に時間が過ぎていました。まだ東京時間かなと思っていたら、とっくに終わってロンドン時間に突入しています。あと少しで夕方4時になります。時間が経つのって早いですね~。相場は24時間やっているから、エントリーはしなくてもチャートは見れます。暇な時間を見つけては見ることで、自然とパターンが見えるようになってきます。最近の豪ドル円のチャートに思うことがあります。

 

どの通貨も上昇していく過程で押し目を作ります。いつも、押し目の深さに興味を持って見ています。私が好きな押し目は、サポートラインまでしっかりと落ちてくるタイプの押し目です。苦手なのは、深い押し目や、浅い押し目です。深いタイプの押し目だと損切りになる心配がでてきます。実際、過去に私がトレードしてきた相場を思い返してみると、深い押し目で何回も損切りになることが多かったです。

 

私は、損切りが深くなるのはどうも苦手です。だから、そういうタイプのときは、エントリーしないようにしています。ところが、思わぬ相場の罠に引っかかることがあります。ちょうどいい押し目を作ったと思ってエントリーしたら、実は深い押し目に引っかかってしまう事があります。慎重にやっているので、あまりないのですが、引っかかったときは相当ショックです。浅い押し目のほうは、一呼吸も置くことなく上昇している状態である事がわかるので、これはついて行くと危ないんじゃないかって思います。