異業種間両建てはメリットが薄い

異業種間両建てはメリットが薄い

異業種間両建てはメリットが薄い

 

FXの良いところの一つにスワップポイントが貰えるというのが有ります。スワップは英語で交換という意味でして、FXでは円の金利と購入した通貨の金利を交換しているからそう呼ばれています。ただ交換と言っても資金を貸しあっていると考えれば分かりやすいです。こちら側は円を借りて買った通貨を貸しています。それで円を借りていますから円の金利を払い、買った通貨を貸す相手、すなわちインターバンクから貸した通貨の金利を受け取っています。

 

この円と買った通貨の金利の差がスワップポイントでして、毎日貰えます。ただ外国通貨は為替リスクが有って、変動が大き過ぎるからスワップポイントだけではマイナス分を埋めることは出来ません。それで為替ヘッジの為に両建てをして為替リスクを回避すると、売りのスワップポイントがマイナスでさらに買いよりも多いから、両建てにするとスワップポイントがマイナスになります。だからスワップ狙いは為替リスクが有る分メリットが少ないです。

 

それでFXの業者ごとにスワップが違い、さらに売りのマイナススワップが他の業者の買いのスワップよりも少ない業者が居ます。この差を利用すれば為替リスクを回避出来て尚且つスワップポイントを受け取れると異業者間両建てという手法が出来ました。それで実際にやっている人達も居ます。ただこの方法は欠陥だらけでして、やるメリットはほとんど無いです。まず変動が大き過ぎて片方がロスカットになるリスクが有ります。

 

レバ1倍ぐらいならロスカットまでいかないからこれは気にしなくても大丈夫です。次に資金効率的にメリットが無く、レバ1倍だと資金が2倍必要なるから、実質スワップポイントは半分になります。そして売っている方はスワップポイントがマイナスになるから、追証にならないよう資金を補充していかなければならないです。この補充の分はスワップが付きませんから、この分も資金効率が悪くなります。そして両建てだからスプレッドは倍になり、この分も資金効率が悪いです。手間が必要でスワップポイントが実質半分でしたら、普通に国債でも買って保有していた方がいいと言えるくらい異業種間両建てはあまり効果的な方法ではないです。