FXをスタートするにあたり必要な資金

FXをスタートするにあたり必要な資金

FXをスタートするにあたり必要な資金

 

FXにチャレンジしようと思い立ったとき、いくらくらい用意すればいいのでしょうか。まず、FXをただ始めるつまり口座を開設するのは一般的に無料です。もちろん開設のために住民票などを取り寄せた場合いくらか必要ですが、免許証などを持っている人はその費用も省くことができます。なので口座開設にあたり必要な資金はないといってしまってもよいかもしれません。

 

それではいざFXの口座を開設して取引を行おうというときには、一体いくらくらいが最低でも必要になるのかということですが、これはそれぞれのFX会社の最低取引通貨によって異なるといえます。つまり一万通貨からのものより、百通貨単位のほうが最低取引資金が少ないということです。この通貨額はレートにより異なります。最近はFXへの若者や初心者の参入が相次いでいるので、この最低取引通貨単位も少なくなり始めやすい環境が整ってきました。

 

なので資金を少なめにという人は、そういうFX会社を選ぶと楽に始めることができるでしょう。この最低取引通貨単位を調べるにはどうしたらいいかということですが、各FX会社のホームページに記載されているのでチェックしておくといいでしょう。また、意外と無視されがちですがFXには一度の取引に手数料がかかっているのです。それは取引ごとにすでに差し引かれた金額で表示されている、つまりスプレッドにあたります。

 

スプレッドも小さいほうが取引による差し引きが少なく、ベストといえるでしょう。なのでスプレッドの小さいFX会社をといいたいところですが、通貨によって多くのFX会社は異なるスプレッドを設定してあります。なので、こっちの会社のドルよりあっちの会社のドルのスプレッドは小さいけれど、逆にユーロはスプレッドが大きいなんていうこともざらにあります。

 

ということなので、自分が取引したい通貨を絞り込んでからほほうがいいかもしれません。FXの口座開設は無料に近いですが、取引を始める始めたあとの資金を用意しておくことが大切なことのようです。